contents_iedukuri_top.jpg

3つの理念があります

私どもが住宅の建築、特に新築住宅の建築・販売の際に必ず念頭においていることが3つあります。

1:過不足が無いこと
家としての耐震性・耐久性はもちろん必須、その点に不足があってはいけません。その上で、いたずらに建築費の上がる 「過」の設計をしないことです。一生を過ごす家ですから、一時の刺激や流行で家を考えるべきではないと思います。 またローコスト住宅のように価格を極度に抑える考え方にも賛成はできません。価格は低く抑えられても、オプション工 事や設備器機の買い足し・買い換えを考えると決してローコストとは言えないからです。

2:快適性が保たれること
オール電化、バリアフリー、設備器機の仕様も含めて機能的であること。これらの点は今更説明のいらないところ、常識と言ったところですね。

3:総合的な価格が標準的であること
つまり希望の住宅として見たときに割高感がないことです。お客様が安価な方を好まれるのは人情です。

しかし長年建築をしていると分かるのですが、ちゃんとした設計施工を積算をすると、標準と言うか相場と言うか… それなりの価格に落ち着きます。買う方も売る方も納得がいく価格=適正価格とするならば、それをはるかに下回る安価なものには、やはりそれなりの理由があると思います。

さて、特に3の価格は、最終的に問題となるところですね。 価格(建築費)が大きくなると、一般的には住宅ローンの負担も大きくなります。人生を楽しむために買ったはずの家 が... 家にいる暇もないほど働かざるを得ない、住宅ローンのために働いているかのような人生は本末転倒です。 もちろんそうならないためのファイナンシャルプランのご相談も承っていますが、そのもとになる価格(建築費)が良好なバランスを保つものか否かはとても重要です。私どもでは、人生を楽しむためにバランスの良い住宅を建築し販売しています。

肝心なことがもう1つありました!

特に土地からお探しの場合はぜひご相談ください。土地はその状態によって家を建てるまで にかかる費用が違います。

con01_iedukuri_photo.jpg


土地から購入する場合は土地にかかる関連工事費も含めた全体のバランスを考える必要があるからです。 また土地がすでにある場合、或はお目あての土地がある場合などは、その土地に希望の建築が出来るかどうか相談にのっ てほしいというご依頼をいただきます。そんなご依頼も自信を持ってお引き受けできるのは、住宅建築だけではなく土 地・不動産の取り扱いにも強い弊社の特徴だと考えています。どうぞどうぞ、お気軽にご相談ください。

header_button_home.png